ストロボアダプター説明|顕微鏡カメラアダプター【ピカリピカリ】

顕微鏡撮影用カメラアダプター【ピカリピカリ】ストロボアダプター説明

カテゴリ一覧

ストロボアダプター説明

  • 撮影方法をマニュアル化する事により、お子様でも簡単撮影! イメージ1
  • 撮影方法をマニュアル化する事により、お子様でも簡単撮影! イメージ2
撮影方法をマニュアル化する事により、お子様でも簡単撮影!
お子様でもお手持ちのデジタルカメラに取り付ける事により、簡易顕微鏡撮影やマクロ撮影を簡単に自由研究などにも利用できます。先ずは室内で三脚をつけて撮影箱の上に被写体を置いて撮影
。慣れてきたら、フィールドにでて昆虫や花など色々な撮影をしましょう。



  • ミニ三脚を取り付けて最初は撮影に慣れましょう。 イメージ1
  • ミニ三脚を取り付けて最初は撮影に慣れましょう。 イメージ2
ミニ三脚を取り付けて最初は撮影に慣れましょう。
ミニ三脚を取り付ける事により、デジタルカメラを置いて撮影できます。最初はそれぞれのデジタルカメラの撮影距離を探しましょう。少し離れてマクロ撮影をする感覚に慣れましょう。離れて撮影するです!
  • デジタルカメラ取り付けにはダブルネジを使用します。 イメージ1
  • デジタルカメラ取り付けにはダブルネジを使用します。 イメージ2
デジタルカメラ取り付けにはダブルネジを使用します。
ダブルネジとはネジの頭にさらにネジ山があるねじです。デジタルカメラにピカリピカリを装着。その後にミニ三脚を取り付ける事ができるネジ山です。ミニ三脚を取り付ける事により、最初撮影に不慣れな場合撮影の手助けになってくれます。手振れ防止には効果絶大です。
  • デジタルカメラにピカリピカリを装着。ディフェーザー(減光板)をそれぞれのカメラに合わせて移動 イメージ1
  • デジタルカメラにピカリピカリを装着。ディフェーザー(減光板)をそれぞれのカメラに合わせて移動 イメージ2
デジタルカメラにピカリピカリを装着。ディフェーザー(減光板)をそれぞれのカメラに合わせて移動
ディフェーザー(減光板)は2枚ついています。乳白色のディフェーザーと白色のディフェーザーです。基本は乳白色のディフェーザーを使用します。デジタルカメラによっては白とびしてしまう場合もあります。その時に白色のディフェーザーを交差させて光量をさらに調整します。ディフェーザーを使用することにより、被写体を綺麗にライティングすることが出来ます。
  • ピカリピカリのパーツの説明 イメージ1
ピカリピカリのパーツの説明
ピカリピカリは46mm径のレンズを取り付ける事ができるヘッド部分と2枚の減光板からなるストロボアダプターです。コンパクトデジタルカメラなら市販されているほとんどのタイプに取り付ける事ができます。
三脚用の穴を利用してピカリピカリの土台の上にコンパクトデジタルカメラを固定させます。デジタルカメラのレンズ部分を突出させてから、レンズを取り付けられるヘッド部分をフレキシブルアームを動かして移動させます。
レンズ部分を中心に動かせる減光板をデジタルカメラの内臓フラッシュの位置に移動させます。

お気軽にお問い合わせ下さい! Tel&Fax 048-945-5827

Information

Dent sun
〒343-0022
埼玉県越谷市東大沢1-43-5
高価な撮影機材を使わなくても、お持ちのデジタルカメラを使ってカンタン顕微鏡撮影。ピカリピカリは顕微鏡撮影に使えるデジタルカメラアダプターです。
営業時間
10:00~17:00(土日祝休)
Tel&Fax 048-945-5827
MAIL FORM

銀行振込・代引き以外のお支払いをご希望の方はこちらへ

ページの先頭へ